記事一覧

ブース配管終了 乾燥炉パネル設置

2016.04.30

ファイル 492-1.jpgファイル 492-2.jpgファイル 492-3.jpgファイル 492-4.jpgファイル 492-5.jpg

乾燥炉のパネルは工場の外壁を一部取り外し、そこから専用のパレットとクレーンで搬入。設備屋さんは慣れているようです。一枚4メートルもあり大変ですが、見事な連携でスムーズに搬入。電気屋さんが高圧ケーブルを引き込む時もそうでしたが、掛け声をかけて息を合わせていました。「いろいろ業者によって掛け声も違うんかなー」建設とか設備関連の人たちは独特の活気があり楽しくなります。
個人的には祭りの時の太鼓台の運行を思い出しました。

塗装ブース排気、乾燥炉パネル設置、コンベア経路変更工事

2016.04.29

ファイル 491-1.jpgファイル 491-2.jpgファイル 491-3.jpgファイル 491-4.jpgファイル 491-5.jpg

駐車場の脇に残した花畑がきれいです。近所のおばちゃん達がちょくちょく遊びに来てくれます。
そして、昨年末から続く一連の工事はいよいよ最終段階です。ゴールデンウイーク中にほぼ終える予定です。
完全な新設ではないので、現場で合わせてみて初めて分かることなど多くありその都度調整しています。
このようなオーダーメイドの仕事は大変ですが、良い面もあります。ぎりぎりまでいろいろな業者様の得意技をすり合わせて作れるので、スペシャルなものが作れます。
「もうちょいこうして」「もうちょい何とかならんの」とかばっかり言っています。

塗装ブースの搬入

2016.04.04

ファイル 490-1.jpgファイル 490-2.jpgファイル 490-3.jpgファイル 490-4.jpgファイル 490-5.jpg

新規でクレーンのキャブ内装パーツが入りました。さっそく塗装工程に投入。最初はいろいろと確認しながら台車で塗装しています。
設備の工事は塗装ブースの設置へと進みました。
これまでのブースは初代が70年代に設置したものです。
老朽化が進み塗装ラインの工事に含め一緒に入れ替えることにしました。
せっかく残してくれた塗装ラインなので今のうちに直して次につなげたいです。「それで少しでも世の中の役に立てば初代の社長も喜ぶやろ。」
 たまたまですが、当社で塗装しているクレーンのキャブ内装パーツを発見。「こうなるのか―」「購入した人のことを考えると品質は落とせんなー・・・。」

ページ移動