記事一覧

5〜8月末猛烈に忙しく、気が付けば秋になっていました。

2016.10.01

ファイル 496-1.jpgファイル 496-2.jpgファイル 496-3.jpgファイル 496-4.jpgファイル 496-5.jpg

 稲に穂が出てよい季節に・・・と思いきや毎日雨の連続。
5月連休明けから、もうれつに忙しくブログを更新できませんでした。
 8月末以降仕事はピークを過ぎやや減産方向と思われます。
この間に取引先クレーンメーカー様のコアバリュー活動を見学させていただくことが出来ました。安全品質効率について社員が自主的に進めている点に感動しました。
よくありがちな、こちらで考えたことを項目ごとに貼り出し強制的に守ってもらうのとは根本的に質が違いすぎます。
当社も活動に参加することにしました。
 また設備面での取り組みは、改修中塗装ラインの塗装機の部品を取り替えたりしています。塗装済みの小物を試し吊りして低速でまわしいろいろと調整もしています。
「いつもワークや基準書とすり合わせて最適化」との考えから完成は無いものと考えています。

各種設定、測定。

2016.05.12

ファイル 495-1.jpgファイル 495-2.jpgファイル 495-3.jpgファイル 495-4.jpgファイル 495-5.jpg

ベンチュリー塗装ブース、焼き付け乾燥炉の各種設定や測定を行いました。どちらも予想以上の満足のいく結果でした。
設備屋さんによれば、断熱パネルなどを工夫し市販品以上の効率の良い設計になっているとのことでした。ブースも厚いステンレスを使用して耐久性を高めているとのことでした。もちろん風速や水の渦なども設計の通りでした。
一段落してまわりを見てみると猫が遊びに来てくれていました。ホッとしました。
後は駆動装置だけです。工事は6月にずれ込みそうです。

保温、ブース、バーナー電気工事、電解水脱脂装置基礎

2016.05.07

ファイル 494-1.jpgファイル 494-2.jpgファイル 494-3.jpgファイル 494-4.jpgファイル 494-5.jpg

本来出勤日でしたが、そのまま設備工事を行いました。駆動装置の変更で遅れているコンベア以外の工事を行っています。塗装ブースの電気工事とライン乾燥炉の保温工事です。スムーズに進んでほぼ終わりました。入れ替わるようにアルカリ電解水の脱脂設備の基礎工事が始まりました。
このような時を利用して電気の経路、上下水道配管、コンクリートの厚さ・・・設備の維持管理に不可欠なことをいつもの関係業者さんたちと共有しています。私たちのような零細工場は業者間を超えた総合力で挑まなければ安定して仕事をこなせません。

ページ移動