記事一覧

ラフテレーンクレーン部品塗装増化中

2019.01.27

ファイル 522-1.jpgファイル 522-2.jpgファイル 522-3.jpgファイル 522-4.jpgファイル 522-5.jpg

カーゴクレーンの大増産はあと1か月となりました。ホッとする暇もなく
入れ替わるようにラフテレーンクレーン(RC)の部品が増えてきました。
当社はキャブ関係の高品質塗装品も担当しています。それらが急増しています。
工場内はRCのパーツだらけです。
キャリア部分の塗装品(黒80μ以上)もクレーン(RC)を後ろから見ると後続車からよく見える部分ですので品質が要求されます。それらも増えています。

クレーンは小ロット多品種で細かく区切り生産されています。塗装ラインに頼りすぎると品質も納期もコストも対応できません。
そのため台車による塗装を基本とし作業者自身の工程改善、ギリギリのすり合わせ、それらを随時最適化することから成り立っています・・・。
作業者の時間が空けば,床を塗ったり照明をつけたりイレクターで専用作業台を作成したりもします。
いつも無駄がなく磨かれた塗装工場になることを目指しています。
また職人自身も磨かれます。

バブル以前は当社も一日中同じものを流していましたが、景気の悪化から危機を迎えました。その時にトヨタ生産方式の考えか当たを学びました。それは停滞の無駄を省くことでした。停滞は一度にまとめて作業する時にその前後に起こりやすいものです・・・。
本来塗装分野ではラインをどれだけ止めずに多く流すかが基本ですが、現在当社ではラインは最後の選択肢です。
本当に考え方を変えなければ終わっていたと思います。

新年明けましておめでとうございます。

2019.01.01

ファイル 521-1.jpegファイル 521-2.jpgファイル 521-3.jpgファイル 521-4.jpgファイル 521-5.jpg

年末、お取引先様の工場は、相変わらず忙しそうでした。
そんな中、昨年から続く小型カーゴクレーンの大増産は、やっとゴールが見えてきました。
あと2ヶ月。遅れることもなくやりきれそうです。油断は出来ませんがとりあえず良かったです。
そして今年は大型クレーンの仕事が忙しくなりそうです。
具体的には、アウトリガーのプライマー塗装やキャブ内装パネルの高品質塗装です。
内装パネルは焼付化しなければなりません。断続的に試作も入ります。
またキャリヤ部の部品塗装も増えそうです。
膜厚80μ以上、クレーンの後ろ側なので後続車から良く見え、品質的には妥協出来ません。
どれも難しい仕事ばかりですが
今年も品質、コスト、納期、全力を尽くすしかないようです。

行事の季節です。

2018.11.10

ファイル 520-1.jpgファイル 520-2.jpgファイル 520-3.jpgファイル 520-4.jpgファイル 520-5.jpg

10月~11月猛烈に忙しいです。
 小型クレーンの増産、新規のアウトリガ―塗装工場の立ち上げ、キャブの内装パネルの新規部品や山のような見積もり・・・
さらにいろいろな会や、氏神様の祭り、スポーツ関連行事、地域の公民館のイベント。
地域あっての当社ですので、できるだけ貢献していこうと思います。
 また少しでも時間があればコンベア設備の点検を行っています。
コンベアの故障はお客様に多大な迷惑をかけてしまいます。

ページ移動