記事一覧

受電設備交換

2017.06.18

ファイル 503-1.jpgファイル 503-2.jpgファイル 503-3.jpgファイル 503-4.jpgファイル 503-5.jpg

6月は田植えの季節です。
工場の周囲の田んぼもあっという間に水が張られ涼しげで心地良い景色になりました。
また、先日から気がかりだった、燕の子のうちの最後の一匹がようやく巣立ちました。
すっきりした気持ちです。
また長年の懸案だった工場の受電設備を、新しいものに取り換える工事が始まりました。そして電線を入れるボックスは当社で塗装しました。錆びて水が入らないように、厚く塗りました。仕事で受けるときは、いくら屋外でもこんなに膜厚は必要なのかな?と思っていましたが、こうやって実際に取り付けてみると必要性がよくわかります。
基準書というものは本当によくできています。塗料の種類、膜厚完璧です。
いろいろ気分がすっきりしてきましたが、また新しいワークにトライすることになりました。
今度はこっちが気がかりになりました。いつになってもすべてすっきりとはいかないものです。

もう5月

2017.05.27

ファイル 502-1.jpgファイル 502-2.jpgファイル 502-3.jpgファイル 502-5.jpg

早くも五月が来ました。ゴールデンウイークがあり、その前後はややバタバタとしましたが、順調に乗り切ることが出来ました。
鳥のひなが巣から落ち戻してやりました。猫もいるのでひやひやしましたが。
仕事面では、出荷をできるだけスムーズに行えるよう、お客様が使う順に必要個数ごとに、出荷していけるように改善しました。
細かなことで、少しの差のようですが、効率的な出荷管理が行えます。入荷時からお客様が使う順に加工していければ理想なんですが・・・改善は日々の少しずつの努力しかないようです。

私がよく読む改善の本の最後に「よりよいモノを、より安く」だけではない、職人技が息づくものづくりの喜び。購入した製品を長く大切に使い続ける消費生活。それを正しく評価する社会。モノづくりの幸せを実感できる時代にしたいとかかれています。少し生産が下がりだすとこのことをいつも考えます。木工時代大量生産単純作業を突き詰め急な世の中の状況の変化についていけず、苦しんだことも思い出します。

話は変わりますが、高松市にできた新しい陸上競技場を見る機会がありました。コンパクトでオープンな感じ、市街地とつながっている感覚がとてもよかったです。町工場も地域と密接にかかわりあっているのがいいなーと思いました。

いい季節になりました。花がきれいです

2017.04.22

ファイル 501-1.jpgファイル 501-2.jpgファイル 501-3.jpgファイル 501-4.jpgファイル 501-5.jpg

クレーン内装パネルの精密塗装は、品質、コスト、納期すべてが微妙にすりあわされて成り立っています。
生産台数を考えると毎日緊張の連続です。
「だから素晴らしい!」しかし
「さすがに疲れるわ。」そんな時、
居候の猫ちゃんと外の自然が癒してくれます。
「本当に外はいい天気やな。」

ページ移動