記事一覧

1970年代と近年の当社の状況です。

2019.03.09

ファイル 524-1.jpgファイル 524-2.jpgファイル 524-3.jpgファイル 524-4.jpgファイル 524-5.jpg

1975年ころの当社の写真です。当時はみんな残業を奪い合って、だれが残業をするかで喧嘩になったりしていました。
時代は変わるものです。今は仕事があって長時間残業したい人がいても労務上あまり多くはできないという時代です。長時間労働を減らして仕事以外の時間もあり賃金も上がるという状態を目指さなければなりません。
工賃仕事の町工場には難しいですが、目指さなければなりません。
今までよりも短時間で多く塗装できるように効率を高めるしかないようです。やはりお客様と一体になり専業化、分業化を進めるしかないと思います。社内でも塗装部品ごとに工程を分けて工夫しています。

内装パネル標準色高品質塗装工程
カーゴクレーン標準色塗装ライン(A76003)
キャリヤ部品塗装作業工程(A76013)
アウトリガー防錆塗装工程(A76001)

当社は事業内容をクレーンメーカー様基準書にある塗装工程に絞ることでより専業化し効率を高めています。