記事一覧

試作部材の鏡面仕上げほぼ完成

2011.05.01

ファイル 338-1.jpgファイル 338-2.jpgファイル 338-3.jpgファイル 338-4.jpgファイル 338-5.jpg

震災の仮設住宅部材の塗装は最優先で流しています。
新しいことも取り組んでいます。
鏡面の磨き仕上げはほぼ完成しました。工程もデータを取ってあるので、工程表にまとめていかなければ・・・
工程は複雑なので管理が大変です。
クリヤー塗装まででも6工程あり、そこからペーパーが5工程、コンパウンドが3工程あります。
最後はワックスに頼らず超微粒子コンパウンドで完成です。

最高の仕上げを目指して・・・鏡面の試作問題点多数

2011.04.30

ファイル 337-1.jpgファイル 337-2.jpgファイル 337-3.jpgファイル 337-4.jpgファイル 337-5.jpg

臨時の作業スペースで鏡面の試作はじりじり進んでいます。
使う人の健康も考えたうえで最高の仕上げにしたいので今回の製品にはスチレンの入った塗料は使わないことにしました。
しかしその場合、後でやせが出る可能性があります。
そうならないために確実な乾燥を行わなければいけません。建設機械の塗装に使用している乾燥炉を使い乾燥温度、時間をきっちり管理することでなんとかなりそうです。
またクリヤーの中に微妙なホコリが見えるので密閉式のクリーン塗装ブースで塗装することにしました。
またかたく乾燥したものを磨くのに必要なコンパウンドは固形で扱いにくいので当社のオリジナルの溶剤で半固形にして使用することにしました。
また加工時の板の継ぎ目にバフが引っ掛かりうまく磨けなかったり、複雑な形状ですのでレベルサンダーの冶具を改良したりして工夫しています。
だんだんうまく磨けるようになってきました。

鏡面(磨き)の試作にトライ試行錯誤

2011.04.23

ファイル 336-1.jpgファイル 336-2.jpgファイル 336-3.jpgファイル 336-4.jpgファイル 336-5.jpg

震災の仮設住宅の杭の塗装は約2000本に達しました。少しでも速く多く塗装して仮設住宅をお届けすることに協力できたらよいと思っています。念のため2ラインのうちの1ラインはあけてメンテナンスしています。
本業のクローラークレーンの部材の塗装も増えてきています。
そんな中鏡面仕上げのサンプルに取り組んでいます。材料は木質系形状は局面部分と平面、木目を生いかしたナチュラルと原色のエナメル、大きさは何とか一人で抱えられるくらい・・・。
などなど色々なことを考慮しながらコンパウンドとペーパーの番手や組み合わせなど試行錯誤の連続です。一番効率的で美しい仕上げにしようと頑張っています。今までの集大成の仕事(仕上げ)にしたいです。
節約のためあり合わせの色で試作しています。
とりあえず黄色は建設機械のコマツの専用塗料で塗りました。赤、青も農機具メーカーの色を代用しました。パールホワイトは震災の影響でパールの粉が入らないため白にしました。

ページ移動