記事一覧

乾燥炉改造、さらにメーカー様と連携強化

2018.02.03

ファイル 508-1.jpgファイル 508-2.jpgファイル 508-3.jpgファイル 508-4.jpgファイル 508-5.jpg

仕事が忙しい中ですがクレーンキャブ内装高品質塗装工程でワンランク上の基準に対応し、品質向上と安定化を図るために乾燥炉の工事を行いました。
 クレーンの内装パネル類はオペレーターが直接見る部分なので、品質は最上級が要求されます。
 実際には基準書以上に仕上げています。また傷にも強くなければなりません。
現在当社では国内向けはほぼ全数塗装していますが、今後はその他の塗装も行いたい考えです。
田舎の小さな町工場ですが技術を磨いて、いつか世界で使われる製品作りに貢献したいものです。

建設機械メーカー様との連携

2018.02.03

ファイル 507-1.jpgファイル 507-2.jpgファイル 507-3.jpgファイル 507-4.jpgファイル 507-5.jpg

クレーンメーカー様関連の仕事が増えています。
品質とコストを考えると同じ基準の仕事を集約すれば効率はよくなり、作業者の負担軽減にもなります。
少子高齢化の現在を考えると、もっと仕事内容は、「簡単にそしてやりがいがあり、収入も上がる」という方向に進まなければいけないと思います。
これまで「小ロット、短納期、職人技」を追求してきた私には矛盾だらけで複雑な心境です。
答えは出ませんが、猫ちゃんに癒されながら、それでも進むしかありません。

行事の秋が来た

2017.11.28

ファイル 506-1.jpgファイル 506-2.jpgファイル 506-3.jpgファイル 506-4.jpgファイル 506-5.jpg

祭りは昔の仲間や地域にゆかりのある人たちが年に一度力を合わせて奉納します。
準備などはきついですが、最終的にはやり遂げると何かすっきりして、役をもらった人などは一まわり成長したような気にもなります。公民館の行事にも参加、地域の太鼓の演奏などで盛り上げてくれました。私なりには、仕事とは違ういろいろな価値観の人と協力する何か楽しみのようなものがります。
仕事の方は、建設機械メーカー様と協力を深め全力投球でやっています。
当社のような小さな田舎者企業でも技術をとことん磨けば大きなことに貢献できると信じて頑張っています。

ページ移動